神田真澄の氣ままな話

明光武道 深雪館 館主のブログ

氣とは

氣とは、万物の根源である。

また人が与えられ持った根源的な力・生命エネルギーである。

氣の源は、大宇宙であり、この地球の大自然である。そしてその生成化育の力こそが氣の源であると考えます。

 

氣の武道・明光武道は、その大自然の氣を取り次ぐ、人と大自然をつなぐ、医食農武同根の武道です。

医学も食事も農業も武道も全て根本は同じなのです。 

 難しい?んじゃうちで学んで。笑

 

f:id:miyukikan:20170705142725j:image

出口王仁三郎聖師の御作品展より

氣の体験会

これは先日の、毎季節開催される氣の体験会の様子です。

 

 

毎回少人数制の開催にしてます。

氣というテーマであるので根源的な話であること、そして一人一人の顔を見てキチンと確実に伝えたいのもあって、大人数での開催もありますが、個人的にはできるだけこのスタイルで行うようにしています。

 でも、そのおかげで毎回充実した会ができてますし、本当に求められてる方々にお伝えできて感動されたお顔を見れると嬉しいかぎりです。

 

氣とは何か。

古の日本や東洋にあった氣の文化とは。

古神道と東洋武術・意拳を融合発展させ創始した明光武道は医食農武同根の、大自然と人とを繋ぐ武道です。古にあった氣の文化の再興として、広めています。

そこを概論ですが、食の話、カラダの話、禅瞑想の話から日本古来の伝統を踏まえて大事な要素をお話してます。

くだらない屁理屈やオカルト的な暗示、催眠術ではなく、純粋に武道として、万物の根源たる氣を正しく体感してもらって、自分や世界を見つめ直すキッカケになってもらえればと思っています。

 

次回は秋ごろ(10月〜11月ごろの開催)の開催予定ですが、空き時間がたまにあれば、ヒョイと開催することもありますので、ブログやHPをチェックしてみてください。

 もう、くだらない事に時間を割いている時期ではありません。一人でも早くこの日本が、世界が進むべき道に氣づいて前に進んでいってもらいたいと思い活動してます。

一期一会の機会がある間に、何かのお手伝いになってれば嬉しいかぎりです。

私は真剣に一人一人が世界平和を実現するワンピースだと思います。その力が家族、仲間、同士、小さいグループ、ソサイエティへと大きいムーブメントになって変わっていく力になると思います。

 

f:id:miyukikan:20170702130618j:image

 

断食のススメ

f:id:miyukikan:20170703155210j:image


「シューイチ断食のススメ」公開セミナー開催のお知らせです。

 

写真は某雑誌より転載。横綱白鵬関の断食リポートです。

断食は、正しく行えば現代医学や(フォイト)栄養学の常識を覆す、というより正す結果をもたらしてくれます。健康、体質改善、アンチエイジング、ダイエット、能力アップ、そして予防医学として効果大です。何より医学や健康についての見直しになります。

でも断食のイメージって、ツラそう、大変そう、難しそうなど、経験者の方々もそうでした。
その不安なお声に応えまして、誰でも簡単に始めれるプチ断食「シューイチ断食」のセミナーを開催します。今回は公開セミナーですので、どなたでも受講いただけます。

さぁ、正しく学んで今週末から始めてみましょう!健康は自分で掴むもの。医者や他人に依存せずに理・コトワリを知って実践して元氣になりましょう!


【シューイチ断食セミナー】

◎日時 7月22日(土) 午後から開始予定
◎場所 東京会場
◎概要 断食について/瞑想断食のススメ/本当の健康、予防医学とは/自分で治すのが基本etc
☆宿便による骨盤の歪みを一発矯正する「食制整体」の施術も希望者に別途実施します。

興味のある方、詳細は事務局までお問い合わせください。

明光武道 深雪會グループ 事務局
info@miyukikan.com

ブログ始めました。

はじめまして。

明光武道 深雪館の代表を務めます神田真澄と申します。

 

明光武道とは、古の日本に存在した氣の文化、氣の武道を再興させるべく創始された氣の武道です。日本古来からある古神道”と東洋武術史上で大成した武術と謳われた意拳”の核を融合・発展させ創始された医食農武同根大自然と人とを繋ぐ武道が明光武道です。詳しくはコチラオフィシャルサイトへ。

miyukikan.com

 

この7月からブログを始めることとなりました。

あまりコンスタントに書かないと思いますが、しばられずに自由・氣ままに書いていければと思っています。

何かしら読んでくださってる方々のヘルプになってれば嬉しいかぎりです。

 

これからどうぞよろしくお願いします。