神田真澄の氣ままな話 in 明光武道 深雪館

明光武道 深雪館 館主のブログ

宿便のはなし 〜その三〜

宿便のタイプ別症状シリーズの続きです。

 

○右落ち・右食症

盲腸付近に宿便が粘着停滞し、その重みにより骨盤が右前方に傾き、その奥先にある迷走神経叢を異常圧迫する。そのため副交感神経が異常緊張し、強制優位に立つことからココロもカラダも抑制する、つまり休養させるよう働き、その状態が続く。

そのことから起こる症状は低血圧、心臓肥大、頭痛、不整脈、脳血栓、慢性便秘、頻尿、冷え症、鬱症状、朝起きれない、やる氣が出ない体調など。

 

主な原因

・甘いモノ、糖分の過剰摂取

 

拙著「立つだけ!医者いらずの太もも力」に詳しく記してますが、こちらのブログシリーズにも根本的に正す方法も書いていきたく思います。

いつも言ってることですが、この世に絶対的な治療法、医学などありません。自分のカラダのことなのですから、人任せ、医者や情報などに依存せず、自分の責任で選択してベストな方法をとってください。誰でもない、あなたの人生ですよ。これは健康法だけでなく、人生そのものにいえることです。

このブログがキッカケになれば嬉しい限りです。

 

今日はこのへんで。

 

 f:id:miyukikan:20171009094454j:image