神田真澄の氣ままな話

明光武道 深雪館 館主のブログ

日本拳法について 〜その四〜

前回は天才肌の香積兄の話だったので、その続きを書いてみますね。

 

練習試合を終え、いよいよ昇段試合の日を迎えます。

日本拳法の試合では、現在では形の審査に筆記試験、そして最後に試合と多様になったようですが、私がいた当時は試合のみで、勝たなければ昇段はできないシステムでしたので、引き分けも負けと同じでした。特に日本拳法会という最も人口の多いファウンダー団体だったのですが(他に数団体あり)、そのルールは無差別・三本勝負。例えば他団体の一つである日本拳法協会では体重別の三分間本数優勢勝ち制ですが、日本拳法会の一般の部では体重制限も年齢制限もありません。もちろん高校や大学のクラブは、同じ学生同士で戦うことが多いのですが、道場に所属した私は高校生ながら大学生や社会人と戦うことがほとんどでしたので、今思うと笑える話ですわ笑。

 

話は戻って、まずは香積兄の初段戦。初段は当時連続で二人抜き、つまり連戦連勝しないと初段・黒帯にはなれません。そんな中、香積兄は圧倒的強さで勝ちを収めます。さすがに数十年近く前の話なので試合内容は覚えてないですが、試合の後に東京に戻るという離れ技をやってた香積兄は、私の公級・茶帯の試合が始まるまでに時間がなかったので、自らの試合後の興奮真っ只中でエールを送ってくれて帰京します。香積兄は東京の大学だったので、主に夏休みなどの大型休みの時にだけ大阪に帰阪して練習、試合に出場してたのです。東京にも日本拳法の他団体はあったのですが、吾らが仏光振武会で拳法生涯を過ごされます。

元々、香積兄も、私も熱い人間なので笑。

 

そして戻って私の試合。

香積兄をはじめ道場の皆からも、岡田師からも太鼓判を押されていたし、優勝経験もある私でしたので正直勝つことしか考えてませんでした。そんな自身過剰からか、なんと試合の初めの立会いで、相手と睨み合いをきかせてしまいます。若造の私は頭に血が上り、そのまま試合が始まります。

いや〜、その試合は私の拳法人生の中で一番無様な公式試合だったと思います笑。

ひどい内容でした。華麗な技が得意な私でしたが、ケンカか?と思うような突き蹴りというよりは殴る?感じで、挙げ句の果てに力で相手を投げ崩して、やったことのないような抑えて面を突いたり、踏み蹴りしたりとなんとか勝ちを収めます。

そんな試合だっので、試合後は勝ったにも関わらず落ち込みました。

嬉しさなんて全くありませんでした。勝って当たり前、どれだけ美しく華麗に勝って周りに印象を残すかしか考えてなかった私には、あの無様な試合は汚点のなにものでもありませんでしたし、自分自身にガッカリもしました。

そうして明くる日は敬老の日だったのもあり、祖父母に会いに行く予定だったので、いい氣分転換にと行ってきました。

家族や祖父母と話してると、自分がどれだけ傲慢で慢心していたかを思い知らされます。ハッと氣づいた私は、猛省し、何度も何度も試合を頭の中でリピートさせては反省します。

でも、このことが私を覚醒させてくれました。

家族に感謝ですね。

 

慢心から反省した私は、半月と経たない内に

西日本規模で開催されるマンモス大会・龍峰杯に出場します。

私がエントリーしたのは、段外の部という茶帯主体の階級別トーナメント。そこには300名を超える選手がその階級別トーナメントに参戦します。パンフレットは8ページに渡って選手の名前がトーナメントに沿って掲載されており、トーナメントで優勝してまだベスト8という、優勝カップを手にするまでに9〜10試合に勝たないといけない過酷なトーナメントです。応援に来られた笹部師範代が、なんじゃこれ?と8ページに渡るトーナメント表を見て全日本でもこんなにおらんでと笑われるくらい、当時他に類を見ないマンモス大会でした。

そして、私の兄がセコンドについてくれていざ試合に臨みます。私の兄も同じく拳法を学び、私なんかよりも天性があると云われたものです。兄のサポートを受け、また前回の反省を肝に命じて試合に臨みました。試合の立会いでも相手をリスペクトして睨みもせず、冷静に挨拶をします。

そして試合開始。数十秒で私は日本拳法特有の直蹴りを二本決めて、勝利を収めます。自分で復活を確信できた瞬間でした。

そこから怒涛の連勝記録が始まります。

高校生、大学生、社会人が入り混じったトーナメントを勝ち上がり、トーナメントを制してベスト8まで上がります。

そこで、若かりし私はまた欲にかられます。

そう次の試合を勝てば、三位入賞でカップやメダル、表彰式に出れる!との欲望に笑。

そうして迎える準々決勝では、また自分らしい拳法ができずに最初は手こずります。でも、反省して復活した私は試合中に思い直し、盛り返してなんとか時間切れ間際に首相撲から膝蹴り一本をもぎ取って準決勝に駒を進めます。

 

そうして準決勝で戦うことになったのが、後に全国で高校生では当時あり得なかった三段を取得した二人のうちの一人、金岡高校の兼平選手です。もちろんもう一人は私ですけどね笑。私は早生まれなので三段取得時は17才と5ヶ月だったので、おそらく今でも三段取得した最年少記録だったと思います。今は知らんけど笑。このおかげで、高三時にどれだけの大学から推薦が来たかは、またのコジマン話でさせてもらいます笑。

 

日本拳法の話を書くと、つい長くなるので笑。

次回は準決勝からお話したいと思います。

今日はこのへんで〜。

 

f:id:miyukikan:20171107220423j:image

写真は現在開校中の格闘技クラブ・サンダクラブエムズでの練習シーン。日本拳法、散打を中心に格闘技を楽しみながら練習するクラブです。ゴールドジム表参道にて開校中です。入門希望者は連絡くださいな。ちなみに遠くに写ってる右側の指導している人が香積兄です。笑

宿便のお話 〜その四〜

宿便のタイプ別症状シリーズの続きです。

 

◯右捻転食病・突き上げ

宿便が回盲部付近に粘着停滞することで、右落ちの酷い状態になり、右側の骨盤が落ちることによりその反対側の左側が突き上がる状態となり、背骨が湾曲、腎臓を圧迫し水滞症状を起こす。

 

 

症状としては、ぎっくり腰、慢性腰痛、幽門狭窄症、腎臓疾患、扁桃腺炎、鼻炎、中耳炎など

 

 

主因の一つ

・柔らかいモノの過食。いわゆる麺類や粥など

・ながら食べの習慣

・食事中の水分過剰摂取

などの唾液が十分混ざらない、薄まるなどの要因。ひらたく言えばよく噛まない。

噛むことについては、また別のシリーズでも書きますが単純に歯で噛み潰すというわけではなく唾液が混ざることが重要なのです。

 

 

この状態が続くと水滞体質が続きイボなどができやすい、カラダが浮腫みやすいなどの体質や 、さらには腎臓機能障害から器質障害と悪化すると腎疾患など起こして一般病院では透析を無理やり行わせるなど大変なことにもなりうることも。

 

食があなたの血となり肉となるのですから、カラダはあなたの歴史そのものです。

思い当たる方は見つめ直してみませんか。

 

このシリーズでキッカケにしてください。

今日はこのへんで。

 

f:id:miyukikan:20171025095819j:image

 

日本拳法について 〜その三〜

今回は私の人生を左右したと言っても過言でない、というと大袈裟か笑。

怒涛の高校時代を書いてみたいと思います。

 

中学三年での優勝を区切りに、受験勉強に打ち込みます。といいながらも、卒業まで道場には通ってました。生活習慣のリズムですね。

 

晴れて念願の高校に合格し、その嬉しさにしばし酔います笑。私は大阪の名門・北野高校に進学することになりました。私は101期生で、すでに100年余の歴史を持つ全国レベルの超進学校です。最近では全国2位の偏差値らしく、OBには手塚治虫氏など有名な方々が名前を連ねます。あの元市長のH弁護士は先輩です笑。

 

コジマンな話はこの辺にして笑、念願の高校に入学した私は、血迷ったことに日本拳法から離れて部活・クラブに入部します。当時は武道系は汗臭い、ダサいイメージが強く、思春期の私はちょっと色氣づいたのか黄色い声を求めて陸上部に入部します。まぁ、体育大会とかで目立ちたかったのでしょう。笑

ちなみに、専門にしたのはhigh jump・高跳びとマイルレースつまり400×4リレーです。

人生初のクラブ活動に、ハマります。放課後に同級生と一緒に汗を流しながら、青春を語り合う。楽しみました。夢中になりすぎて、勉強は疎かになり、中間テストはさんざんな結果でした。はい、北野を舐めてました笑。

 

こりゃいかんと、親からは退部を命じられますが、もちろん反抗期で聞き入れません。

そんなこんなで一学期がすぎていきます。

そんな夏休みに、友人たちと映画を観に行きました。それがロッキー4・炎の友情です。

ロッキーは元々、母、姉ともに推薦の映画で小学校の時に観せてくれました。強くなりたかった私には思い出深い映画です。ちなみに始めて買ったレコードがロッキーのテーマでした笑。

ロッキー4。いや〜、衝撃を受けました。もう独りで13回も映画館に観に行きました。

その時にふと思い直します。

俺は何のために走ってるんだろうと。

早く走るために練習を積む。もちろん素晴らしいことなのですが、映画を観終わった私には、それを私は求めていない、"拳法"でのパフォーマンスを上げるための基礎訓練として今まで走ってたんだと。日本拳法がしたい❗️と電流がカラダを走り抜けました。

 

話は少し脱線しますが、私にとって映画は人生にとって大事なメッセージを送って・贈ってくれます。たまたまなのか、ご縁なのか、今自分が求めている道を、考えを、いろいろなことを勉強できる映画を偶然観ては、自身を創ってきた経緯があります。それくらい影響力がありました。それもあって映画が大好きです。もちろんホラーやショウモナイ映画は観ませんが笑。

 

それを機に、迷いはなくなりました。お世話になった陸上部の夏の試合に出るのを最後に退部して、日本拳法の道場に復帰することを選びます。私にとっての人生の岐路の一つでした。私の高校は拳法部がないので、道場に通うこととなりました。

その際に、所属していた総本部・洪游会から新しい道場へ移籍します。

それが私の人生を変える道場・仏光振武会です。まだ新しく創設された道場で名将・近藤寿一師範を筆頭に親身な平興隆道場長、もちろん岡田師は特別師範として、そして元中部チャンプの笹部指導員の方々に練習をつけてもらうことになる私の礎を創る道場となります。

 

転門時は、既に拳法歴十年ですから白帯とはいえ、少々の黒帯の人や茶帯の人たちにもヒケをとらず戦いました。いや〜、改めてやりたい!と思った拳法漬けの日々は最高に楽しく充実したものでした。それが奏して実力もドンドンついていきます。水を得た魚とはあのことを言うのでしょう笑。

そんな日々で、少し天狗になってしまいます。先生方を省いて、この道場では俺より強いのはいないなと笑。そんな夏の終わりごろに運命的な出会いを得ます。それが、後に私の義兄のような存在であり、一番弟子でもあり、今は深雪館の師範代である香積学兄です。

香積兄とは、昇段試合の前日の練習試合で初めて拳を交えます。天狗だった私は、あまり見かけない拳法スタイルに驚きます。こんな人いたか?と。今では天才肌の香積兄のことはわかりますが、当時は驚きます。

日本拳法の試合は三本勝負のルールで争われ、先に二本先取で勝ちとなります。ちなみに元世界チャンピオンやプロ選手も言ってますが、日本拳法の一本は実戦ではKOパンチに等しいと激しさとその破壊力・実戦性を物語ります。

 

その練習試合では、茶帯の香積兄と白帯の私の一進一退の攻防となり、互いに一本ずつ取っての三本目の勝負となりました。お互いに絶対の距離から私が先に出ます。フェイントから掌底で胴を狙い、そのまま一本が入り試合は私の勝ちとはなりました。ですが、心は晴れません。なぜなら、そのまま掌底打ちを入れる一瞬前に、私はカウンターでパンチを受けてたからです。審判から死角で見えなかったのか香積兄のカウンターは幻の一本となり、そのコンマ数秒直後の私の掌底打ちが一本コールを挙げられます。本来だったらよくて相打ちだったなと私は思いました。

いわゆる試合に勝って、勝負に負けたってヤツです。それを機に、香積兄の名前、そして互いの拳法論を語り合いながら、年齢を超えてお互いリスペクトしながら、同士として共に修行に励むこととなったのです。

 

エライ長い文章になったので、今日はこの辺で笑。

 

f:id:miyukikan:20171010220852j:image

 

 

運動と免疫 〜その四〜

今回はオススメの運動法について書きたいと思います。

 

筋肉をつけるといっても、闇雲にジム通いやマラソン、重い負荷やマシーンで鍛えるなどは、前にも話したように健康法としてはオススメしません。それはそれなりの目的があって、そのデメリットも覚悟の上でスポーツされてると思います。短絡的に結果を追うと、そのデメリットも同時に覚悟しなければならないことを心してくださいね。

 

私がオススメする運動法は、ゆっくりとした動きの継続と、第二の心臓ともいわれる下半身、特に人で一番大きい筋肉である太もも・大腿筋を使ってカラダに負担なく筋肉を創る運動です。

 

まず今日はウォーミングアップのブラブラ体操から始めましょう!

詳しくは拙著・立つだけ!医者いらずの太もも力を見てください。写真付きで図解されてますので始めやすいと思います。

 

◯ブラブラ体操

基本姿勢をとります。

☆基本姿勢とは、男性は肩幅、女性は腰幅くらいに足を開き、足先はまっすぐして膝を少しだけ曲げます。背筋はピンとは伸ばさず、骨盤だけ立てる状態を作って上半身をリラックスさせた状態でまっすぐ立ちます。

その姿勢で手の甲を上に向けた形で、前方に思いきり投げ出します。投げ出した瞬間に肩の力を抜いて、惰性で手をぶらつかせます。後方に来た手をまた、前方に思いきり投げ出します。の繰り返しを行います。特に投げ出すときに、ココロとカラダの中の悪いもの・東洋医学ではVirusもstressも邪氣としますので、それを出て行け〜と投げ捨てる想念・イメージを持って行うことが大事です。これは中国武術スワイショウというメソッドを基にしたものです。

氣体一致で、自分の想う通りにカラダを動かすことが重要なことです。

 

まずは実践して見てくださいね。

今日はこのへんで。

 

f:id:miyukikan:20171025101356j:imagef:id:miyukikan:20171025101355j:image

宿便のはなし 〜その三〜

宿便のタイプ別症状シリーズの続きです。

 

○右落ち・右食症

盲腸付近に宿便が粘着停滞し、その重みにより骨盤が右前方に傾き、その奥先にある迷走神経叢を異常圧迫する。そのため副交感神経が異常緊張し、強制優位に立つことからココロもカラダも抑制する、つまり休養させるよう働き、その状態が続く。

そのことから起こる症状は低血圧、心臓肥大、頭痛、不整脈、脳血栓、慢性便秘、頻尿、冷え症、鬱症状、朝起きれない、やる氣が出ない体調など。

 

主な原因

・甘いモノ、糖分の過剰摂取

 

拙著「立つだけ!医者いらずの太もも力」に詳しく記してますが、こちらのブログシリーズにも根本的に正す方法も書いていきたく思います。

いつも言ってることですが、この世に絶対的な治療法、医学などありません。自分のカラダのことなのですから、人任せ、医者や情報などに依存せず、自分の責任で選択してベストな方法をとってください。誰でもない、あなたの人生ですよ。これは健康法だけでなく、人生そのものにいえることです。

このブログがキッカケになれば嬉しい限りです。

 

今日はこのへんで。

 

 f:id:miyukikan:20171009094454j:image

運動と免疫 〜その三〜

運動と免疫活動について、三回目の投稿です。

 

 今回は運動と免疫の関係を話しましたので、どんな運動法がオススメかを書いてみたいと思います。

ここでは、前回書いたどの運動法が優れているとかの話をするのではなくて、健康を守る上でオススメの運動についてお話したいと思います。

 

1.ゆっくりとした運動

2.太ももを使った運動

3.継続できる運動

 

では、次回からひとつひとつ実践編として解説していきます。実際にやってみてくださいね。

今日はこの辺で。

 

f:id:miyukikan:20170925221807j:plain

 

坐禅瞑想 〜その四〜

見つめ直すこと。

 

私は瞑想の講演をする際は、どなたにも理解していただきたいので、いわゆる現代宗教色を取っ払って、敢えて脳科学や衛生医学などのエビデンスを基に解説しています。

でもね、私自身は本当に伝えたいのは、その枠の狭い科学、エビデンス主義では計り知れない瞑想の素晴らしさなんです。

 

我々明光武道 深雪會グループで伝えている瞑想法は、シリーズで書いてきたことばかりではなく、本来は武道瞑想として、自分を見つめ直す時間を持つこと、そして天地・大自然と繋がる機会を持つことが真なのです。少なくとも古の日本ではそういう機会を持つことが多かったのです。

 

今の自分はどんな自分なのか、そして本当の自分はどうあるのか、どうしたいのか。自分は本当は何ができて、何ができないのか。今の自分は実力以上に背伸びや無理していないか。

 

また、心の傷、自分では把握していない潜在的な傷、それらを癒すのは他人や医者薬ではない、自分自身なのです。どう屁理屈を捏ねてみても、最後にその傷の原因を認め、受け入れ、正し、癒すことは自分しかできないこと。東洋医学の言葉で心身一如という言葉がありますが、まさしく、今のカラダの症状も大きくこのココロの状態が、傷が影響します。自分のココロは自分でしか治せません。しっかり、焦らず見つめ直してあげてください。

 

坐禅・瞑想は自分自身と向き合う時間なのです。一番素直に、そして自分の中で全てを受け入れ、また見直し、正す、自分だけの時間です。ただただそれを繰り返す。シンプルな行為です。

それらを、こうあるべきだと決めつけ囚われたり、決めつけて行うのではなく、全てはあるがままに前に進んで行く。そうして、本当の自分を受け入れ、前に進んで行く。それが間違ってたら、見つめ直して進む方向を正す。焦らず、毎日続けて行くことで、それが可能となっていきます。ただただ自分と向き合うのです。

 

文章で瞑想を語ることは難しいですし、正しく伝えるのは難しくもありますが、上に書いたように、自分を見つめ直し、本当の自分にしていく、そうして何が起きようがブレない自分を、自分軸を創っていくことが瞑想なのです。

 

まずは、座ってみませんか。

今日はこの辺で。

 

 

f:id:miyukikan:20170925221555j:plain