神田真澄の氣ままな話 in 明光武道 深雪館

明光武道 深雪館 館主のブログ

立つことの重要性2 〜ゆったり運動と脳の関係〜

前回の立つことの重要性の続きです。

 

太ももの運動と脳科学について。

 

以下、筑波大 征矢教授の研究から一部抜粋。

●脳細胞も筋肉と同じ。鍛えれば増える!

人間の脳細胞は生まれた時がピークで、生涯を通じて減っていく。そう習った人は少なくないだろう。だが、1990年代以降、脳に高い可塑性がある、つまり良い環境であれば脳が発達することが解明されてきた。

「人間の場合、認知機能を司る海馬は、生涯にわたり再生することができます。筋肉が運動によって太くなるように、海馬の脳神経も運動により発達し、脳の神経そのものが増えるのです」しかも、海馬を刺激するためには、軽い運動でも十分であることが、筑波大学大学院人間総合科学研究科・征矢英昭教授の研究によって明らかになった。「心拍数でいうと1分間90~100ぐらいの運動でも効果があります。ランニングよりスローペース、速く歩く程度の速さのジョギングを1日10分で構いません。2週間続ければ脳神経が増え、6週間で認知機能自体が向上することがわかりました」

神経細胞は1000億個あると言われているが、1つの神経は1000個の神経とつながっている。その媒介となるのが脳内ホルモン(神経伝達物質)だ。運動によって、脳が骨や筋肉を発達するためのホルモンを取り込み、機能がアップするという。

 

上の記事は、私の講演でもよく話す内容です。

このエビデンスから関連づけて、太ももを使った、心拍数がそんなに上がらない、カラダに負担の少ない運動の持続から、脳を刺激するのに

最適な運動法の一つが、立つ運動法です。

 

少しだけ深く膝を曲げた状態で、上半身をリラックスさせた姿勢をキープしながら、立ち続ける運動瞑想法です。深雪館道場では武禅・站椿ともいいます。

心拍数がそれほど上がらずとも、血流量は相当な運動でのそれとほぼ同量なのです。第二の心臓である下半身を刺激することで心臓に負担なく運動を可能にする、また同時に瞑想を行う画期的な運動法です。

最初は少々キツく感じる時もありますが、慣れてくると非常に爽快な運動となります。

是非、体験してみてください。

拙著「立つだけ!医者いらずの太もも力」にも初心者用にハウトゥーを載せてますし、道場グループのチーゴンフィットネススタジオや道場の体験会などで、できますよ。

 

今日はこの辺で。

 

 

f:id:miyukikan:20180601105540j:image

写真は形の練習。

ただ、少し膝を曲げ上半身はリラックスさせた姿勢で、イメージ・意念想念を持って運動をゆっくり行うので、運動量は相当なものとなります。しかもカラダに負担は少ない理想的な運動です。

鎮坐瞑想 〜瞑想とがんへの効果について〜

瞑想の効果をエビデンスの観点から書きたいので、一部記事を抜粋しながら説明していこうと思います。

 

 瞑想は、がん患者の緩和療法としてガイドライン上で推奨されています。ガイドラインとは、蓄積された医学的知識を集約・評価して、一般の医師が日ごろの診療に適用できるよう学会が発行する「手引き」のことです。ですので、もっとも信頼性の高い情報源であるといっても過言ではないでしょう。

瞑想は次の2つのガイドラインで推奨されております。

乳がん統合医療ガイドライン(2014)
米国胸部専門医学会ガイドライン(2013)
それぞれ内容は次のようになります。

乳がん統合医療ガイドライン(2014)では、不安や気分障害の軽減に対して科学的な根拠があるとして瞑想・ヨガ・イメージ療法を強く推奨しております。同様に、鬱や不安、ストレスの軽減や生活の質(QOL)の向上に対しても科学的根拠があるとしてストレス管理、ヨガ、マッサージ、音楽療法、瞑想を推奨しています。

また、米国胸部専門医学会ガイドライン(ACCP 2013)は不安、気分障害、慢性疼痛の軽減および生活の質の向上に効果があるとして瞑想を推奨しています。

以上抜粋

参考文献Greenlee et al., “Clinical practice guidelines on the use of integrative therapies as supportive care in patients treated for breast cancer.” J Natl Cancer Inst Monogr 2014;50:346–358

 

瞑想は上記のように、医学的観点からも非常に多く研究されてます。

当 明光武道 深雪會グループの食制体型研究所で行う断食・健康合宿も瞑想は必須項目としています。

心身一如という東洋医学ではよく耳にする言葉ですが、これに直結することでもあります。

今の病気は本当に病気なのか。

それは病気と専門家や医師といわれる者に決めつけられただけで、本来はカラダの声、症状として出ているものであり、その原因は何なのか。

それを探るのが名医といわれるものであり、今の痛みや不調をその場しのぎで治すのではなく止める、それも薬という毒物を使って泥沼の世界に導くのが現代医学や皆さんの一般的に考えている病気だと思います。漢方でさえ、カラダに優しいと考えがちですが、しっかりと薬で副作用もありますからね。

結局治るのは、自分が持つ免疫の力なんです。

その免疫を高めることの大きな一つに瞑想があります。

まずは正しく、始めてみませんか。

 

今日はこの辺で。

 

f:id:miyukikan:20180611163804j:image

今回から題目を一部変更しましたが、写真で行なってるのが坐禅ではなく、鎮坐という深雪館で指導する瞑想です。日本古来から伝わる古神道、そして武道として融合・再興させた瞑想法です。臍下丹田を直接練り、大自然・大宇宙と繋がる大事な鍛錬法です。

宿便の話 〜その八・唾液に含まれるパロチンについて〜

前回のパロチンの話から。

 

食の話から食べ方についてお話ししたかと思います。その時に大事なのがゆっくり食べること、よく噛むというよりは唾液と食べ物をよく混ぜ合わせることが重要だとお話しました。

 

その重要な一つの要因に、噛むことで刺激される耳下腺に重要な消化酵素と、そしてホルモンが分泌されるからでしたね。

それが成長ホルモンの一つであるパロチンです。皆さん注目の若返りホルモンの一つです。

パロチンは胃収縮促進ホルモンとしても知られてます。ゆっくり唾液と混ぜて食べることで、前回のブログに載せた消化酵素の一つロダンカリが胃の中で食べ物を膨張させるのと同時に、パロチンにより胃が収縮運動を開始するのとで、いわゆる満腹感を感じれることから、過食を防ぐことに繋がります。過ぎたるは及ばざるが如し。これだけで少食に繋がり、病気しらずの健康法の一つともなります。過食は正しく病の元ですからね。

 

さらに重要なのは、血液によってパロチンが脳に到達すると、身体の各臓器セクションへ必要なホルモンの分泌を促す、調整する働きがあるといわれているのです。

 

幼き頃から耳にタコができるほど言われた、よく噛んで食べなさいというおばあちゃんの知恵はあながち都市伝説や間違いではなかったのです。

このゆっくり食べることだけでも実践すると、健康活動を実践することになりますよ。

まずはやってみて!

 

今日はこの辺で。

 

f:id:miyukikan:20180409190206j:image

写真から〜

顎下腺や舌下腺は基本的には殺菌作用が主な役割。話したり、口を開けた際に侵入する細菌・ウィルスをやっつけます。耳下腺のみが消化に関する酵素・ホルモンを分泌するのです。ただ、話ししながら食べることが多くなると舌下腺・顎下腺が優先されて耳下腺の分泌か抑制されてしまうことも。だから、昔は黙って食べる修行もあったのでしょうね。

でも、楽しく食事することも大事です。

そこは、何かに囚われず、あなた自身でベストな食べ方を見出してください。あくまでも参考に役立てることが大事ですよ。

坐禅瞑想 〜その六・瞑想の効果をエビデンスから〜

たまにはこんなブログもいいでしょう。

今回は瞑想と脳科学についての実験からのお話。以下、一部抜粋。

瞑想が不安や強迫観念などにポシティブな影響をもたらすと云われているが、それがどのように脳に作用し、不安感などを開放するのか科学的裏付けがなかった。しかし今回、瞑想が“前帯状皮質”や“腹内側前頭葉前部皮質”の活性化を促し、不安感を減少させるのではないか、という研究結果がSocial Cognitive and Affective Neuroscienceに掲載された。

この実験は、瞑想の経験や不安障害のない(けれど通常の不安を抱えた)被験者15人を対象に瞑想を4回にわたって実践、その効力を動脈のスピン標識の磁気共鳴映像法により可視化するというもの。被験者たちはその瞑想法を学ぶ前後に脳の活動状態を分析され、不安の度合いをレポートした。

結果は驚くべきものだ。瞑想を数分間行うだけで、被験者の不安を約39%も取り除くことが出来た。さらにそれに基づく脳スキャンでは、思考と感情を司る“前帯状皮質”と、不安を司る“腹内側前頭葉前部皮質”が、より活発な活動をしていることが明らかになった。

現在のありのままの思いや感情を受け入れる事が、日頃感じる不安感のコントロールにつながるのでは、との事だ。

以上が記事として公開されています。

 

瞑想は一言では説明できないほどの深い意義を持ちます。

上の例はあくまでも一つのエビデンスであって、脳科学では測りきれない事象もたくさんあるのが事実です。

だから、うちの道場では結果を追わせません。

各々のバックグラウンドを持つ人たちにはそれぞれの歴史、プロセスがあり、その人だけのキズや分かりうることがある中で、共通の効果を期待するのはナンセンスです。

自分の、自分自身の瞑想をして自分と向き合うのです。その時に、あなたにしかわからない問題があり、それを何の柵もなく見つめ直すのです。それが本当の答に繋がります。

まずは、ただ座るのです。そして継続は力なりは本当に名言と実感します。

 

今日はこの辺で。

 

 

f:id:miyukikan:20180402224334j:image

写真はハワイのカイルアビーチで瞑想中。

大自然とつながる歓び。惟神(天のなすがまま)です。

 

夏の氣の体験! 明光武道体験会の開催

お知らせ
夏の恒例!少人数制で開催する人氣講習会です。
実際に氣について体験してもらい、氣とは自分の生活や健康にとって、どういうものなのかを知ってもらうキッカケとなる講習会です。
明光武道は、日本古来の神道文化と東洋武術の大成した意拳を基に、日本の古に存在した大自然と人とを結ぶ氣の武道、そして氣の文化の復興・再生として、発展させ伝えている最も古くて最も新しい日本の氣の武道です。
誰でもどこでもできる武道式の瞑想や運動法、そして日本伝統食と皇漢医学から生まれた食制体型理論や断食について、各概論を通して自分自身で氣を高めていくことで健康、強健な心身を習得していく方法を学びます。

体験会内容
・明光武道とは
・正想/正食/正体の概論
・武禅、坐禅、臥禅の実践
・氣の交流体験

氣の体験会は、一人一人のお顔を確認しながら進めたいのもあり、毎回少人数制で開催しています。この夏は6月、7月、8月と開催予定!
まず初夏の6月から開催することになりました。

以下詳細です。HPの事務局コピペで失礼します。
ご希望の方は事務局まで。先着順です。
◎氣の体験会
日時:6月16日(土)14:30〜は満員御礼。
7月16日(月祝)13:30〜残席僅か。
8月12日(日) 午前ターム準備中。要問い合わせ
場所:銀座
服装:締め付けない楽な服装(自由)
注意:少人数予約制になっておりますのでキャンセルはご遠慮頂けますようお願い致します。
春に参加できなかった方、夏を前にどうですか。
詳細は事務局info@miyukikan.comまでご連絡下さい。

 

f:id:miyukikan:20180604164401j:image

日本拳法回顧録3 〜壁を乗り越える〜

久々に日本拳法の話をしましょう。

 

日本拳法の公式戦デビュー以来、連戦連勝で15歳でマンモス大会の龍峰杯や翌年には全日本社会人選手権の個人初段の部優勝など数大会優勝を連ねてきた中で、初めての壁を味わった二段戦、全国高校選手権、そして全日本社会人選手権の団体戦に昇段試合の二段戦。

16歳の後半からは、調子が悪いわけではないし、練習も十分してるけども勝てない、悩む、練習試合では勝つのに公式戦では納得のいく試合にならない、というように目に見えない壁に苦しみを初めてもがきました。

 

そもそも、高校にクラブがあったわけではないので、一般の道場に通うことで日本拳法を続けていた私は、やはりクラブ所属の学生たちや、毎日道場がオープンされてる大きなメジャー道場の人たちと比べてやはり練習量に差がありました。

進学校に通いながら、週二回の道場での練習が基本だったので、残りの日の毎日を拳法漬けの自主練を課し、チャンスがあれば出稽古に行けるような環境下でしたが、なかなか壁を越える、そして何が足らないのかがわかりませんでした。前にも書きましたが、せっかくの進学校にいながら拳法ばっかり考えているっていう、ある意味アウトサイダーでしたね笑。

 

そんな私を救ってくれたのが、瞑想です。

私の家は古神道でしたので、神床があります。

というか歴史ある日本の道場は基本的には道場に神棚が祀られていましたが、最近は道場というより格闘技ジムのように無機質な寂しい感じになってしまい、日本古来の道が感じれなくなっていますね。

話戻して、ご神前で独特の瞑想をしていましたので、その方法は内緒ですが笑、そこで自分の心の奥底の弱さを知ります。

それは、本当の自分はわかってはいるけども、認められない、認めたくない、それを元に現状を維持できている、など自分自身の言い訳故にそこを見ないようにしてきた弱さ。でもそれがあったから今までやってこれたのもある。それを冷静に見つつそれを認める、受け入れる、そして自分で正していくことを時間をかけて行う。自分を信じて。その後の未来を信じて今、正していく。

そうする時間が、正しい方向へ行ってることには天が導いてくださるごとく、そうすることで私の拳法は変わっていき、それは確実に実感できました。核は技術ではなく心だったのです。

日本拳法のシンボルマークは九つの心得があります。拳心技法道術身力氣の要素があり、まさしく心であり氣であったことを修行させていただいたと思います。

そうして、もちろん拳法の練習はミッチリと重ねていきながら、心・氣もしっかりと練っていかことにも努力を注ぎました。

 

そして、17歳になったばかりで迎えた昇段試合。結局一年の間、確実といわれながら取得できなかった二段戦です。

たまたま前日に発熱し、無理を推しての出場です。兄がセコンドについてくれ、リラックスして欲を出さず、純粋に戦ってくる、その心で試合に臨みます。

結果は一瞬にして一人目を抜きます。流石に決め技は覚えてません笑。突き胴は覚えてるかな。ただ、最短時間で抜いた記憶があります。そして二人目。これも一本も取られることなく華麗に抜いて二段戦を連続勝ち抜きで取得に成功します。

発熱のために力が抜けてて、ダメ元で出たから無欲で勝てたのでは?との声もありましたが、自分の中で今回の壁を超えて見えた、試合への臨み方が自分にはありました。

 

そこからレベルも上がっていくので、当然おいそれとは簡単に勝ちを修めれないですが、それでも順調に強さを養っていきました。そうして当時、高校では全国(世界)に二人しかいない現役高校生で三段を取得するという偉業へと繋がっていきます。その後に、進学校出身というのもあって、道場へ多数の有名大学から推薦が来ることに繋がっていきました。

 

今日はこの辺で。

 

f:id:miyukikan:20180531152236j:image

写真はチーゴンフィットネスという氣功メソッドの一環で武道エクササイズを教えてます。全身を使っての有酸素運動は脂肪燃焼に役立ちます。楽しそうに行う生徒さんは皆スッキリ❗️

 

八百万の神々のこと 〜日本古来の神道・古神道〜

今日はレアな古神道のお話です。

 

明光武道の講演でもたまにお話したりしてますが、日本の古の氣の考えであり、武道の復興ですから、古来からの古神道の教えにも深い繋がりがあるのです。ということで、今回は日本の神々について、簡易的にではありますがお話ししたいと思います。これをキッカケにもっと深く勉強したい方は、まずは自ら調べてみましょう!それが本当に知るという始まりです。

 

話戻って、よく海外から日本には八百万もの神がいるとはなんとも野蛮だといわれてるとのことらしいですが、それは単に勉強不足やでとツッコミたくなりますね。噂やそれを鵜呑みにする残念な人たちが多いことが嘆かわしい笑。

 

日本、古来の神道では神様は唯一独一神です。

宇宙の主神である弥勒大御神であり、その名を大国常立大御神、天照皇大御神とも、また神素戔嗚大御神と唱え奉り、天御中主大神・高皇産霊大神・神皇産霊大神を天の御三体、霊・力・体の宇宙の本源の神の御姿です。

 

わかりやすく言えば、唯一の主神様から分霊(わけみたま)として千別きに千別きてそれぞれの八百万の神様がいらっしゃるのです。だから元は独一神なのです。多神即唯一神

例えば、会長がCEOとして活動、また現場では取締役部長として行うときなどの肩書きが変わるごとく、名前が変わる、つまり神様とお働きによってお名前が変わり、またその分霊が様々な神格を満たして行う意義がそれぞれ違うときのお名前があるごとくなのです。

 

日本人なら、もしわかっていない外国人がそんな内容のことを話してきた時に、バシッと説き返してあげてほしいもんですね。

そもそも日本古来の神道古神道は宗教というよりは、宇宙・大自然の摂理を説き伝えた教えなのです。現代史にある戦争に利用されたり、宗教的な現代の神道とは全く異なります。古神道はまさしく、日本の心なのです。和を尊ぶ唯一の民族・大和民族の心・軸なのです。

 

現代日本の文化って、そもそも外来文化・仏教文化ですからね。仏教伝来以前の古の神道が本来の国教です。

 

 

今日はこの辺で。

 

f:id:miyukikan:20180426124343j:image

写真は宇宙の真理を説き伝えられた世界大改造者・巨人 出口王仁三郎聖師の御作品